表現力教育 - 優れた知識も高い身体能力も身につけるだけでは不充分。それを表現することではじめて人から評価される。

表現力教育

コンセプト

 学童期から中・高にかけ、子どもたちは「勉強」という形でたくさんの知識を自分の中に取り入れていきます。
優れた知識も高い身体能力も身につけるだけでは不充分で、それを表現することではじめて人から評価される。ということにお気づきでしょうか。
おあふでは、この幼児期に自分の思いを表現する力を培うことで、将来確かな学力を手に入れるための準備をしていきます。

 また、問題解決能力・コミュニケーション能力などといった「学校の勉強では習わないが、生きていくために必要な能力」が、今、足りないといわれています。 おあふ独自の表現力教育で、真の「生きる力」の基礎を体得していきます。

Image

アドバイザー

ただいま準備中です。

就学前教育

  • ・文字・数・かたちなど
  • ・鍵盤ハーモニカ
  • ・運動
このページの先頭へ